読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱらすの備忘録

個人的な備忘録なので間違った解釈があれば教えて下さい

GitHub導入してみた

とある友人のお告げを受けてGitHubを取り入れてみた。

今まではDropBoxでいちいちコピーしたりしてやってたけど

今度からは楽になるのかな?

 

とりあえずGitHubの使い方を備忘録としてまとめてみる。

基本的な設定は

MacでGitHubを使う手順 – SSH Keysの登録 / リポジトリの作成 / 基本コマンド | mae's blog

等を見て行ったので、調べればたくさん出てくるかと。

 

で、登録した後のコマンドとしてとりあえず使ったものをあげてみる。

git init

    今いるディレクトリをgitで使えるようにする(初回のみ)
git add file or directory

    コミットしたいファイルまたはディレクトリを追加する
git commit -m "メッセージ"

    コミットするものに対してコメントをつける
git remote add origin https://xxxxxxx/xxx.git

    ローカルとGitHubリポジトリを結びつける(初回のみ)
git push -u origin master

    コミットしていたものをGitHubリポジトリに送信する

 

以上が基本操作らしい。

で、実際にpushすると毎回ユーザ名とパスワードを聞かれる。

めんどくさい。

で、GitHubとの結びつけを以下のように変更すると楽になる。

git remote set-url origin git@github.com:xxxxxxxxx/xxx.git

URLはGitHubリポジトリページの右側にHttpsとかSSHとかの

テキストボックスがあるので、SSHのリンクを押すと、そこに

SSH用のURLが表示される。

 

とりあえず今までやったところはそんな感じ。

使っていくうちに追加してみる。

SourceTreeとかNetBeansで扱うと楽だと気付いた。

というわけで後日SourceTreeでの扱い方とNetBeansでの扱い方を

気が向いた時にでもまとめていく予定。