読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱらすの備忘録

個人的な備忘録なので間違った解釈があれば教えて下さい

Bootcampでwindows8.1を入れてみた

諸事情からWindowsを入れたくなったため、Bootcampでやってみた。
その際にいろいろ躓いた点があるので注意書きしておく。

とりあえず重要な点としては、

・焦るな、待て
・最初の袋だけ出せ
・オプション大事

以上3点を重点的に書いていく。

・用意するもの

Mac本体(OS Xが入ったもの)
Windowsインストール用ソフト
DVDドライブ(Winソフトによってはなくてもいい?)
USBフラッシュメモリ(2GB以上)

・前準備

OS Xに初期で入っているであろう"Boot Camp アシスタント"というアプリを開く。これで比較的簡単にできるため、これをお勧めする。
・DVDドライブにWindowsインストール用のディスクを入れ、USBメモリも差し込んでおく。

Boot Campサポートソフトウェア(Macの機器をWindowsで使えるようにするドライバ)を入れる

・通常版ディスクでは上のチェックを外し、真ん中と下にチェックを入れる。

[焦るな、待て]***

・ここで自動的にソフトウェアをダウンロードするが、かなり時間がかかる。数値が出ないため途中止まったように見えるが、ちゃんと進んでいるので気長に待つ。古いモデルでは公式ページからでもいけるが、最近のモデル(特にMBP, MBA)では公式ページに載ってない。変に探すよりも、別な作業をしながら気長に待つべし。

[最初の袋だけ出せ]***

・ダウンロードが終わったらzipファイルかすでに展開されたディレクトリ(BootCamp5など)があるはず。その直下のものすべてをUSBメモリに移す。ディレクトリごとやその中の一部だけ入れてもちゃんと認識してくれないので注意。

パーティションの設定
パーティションWindowsは少なくとも20GB必要とのこと。あらかじめWindowsで入れるソフトの容量を調べておくとよいかも。設定した後はパーティションの分割処理をしてくれるので再び待機。Boot CampサポートソフトウェアがちゃんとUSBメモリに入っていないと怒られる。終わると再起動される。

Windowsインストール

[オプション大事]***

・再起動後はそのまま待機するとOS Xで入ってしまう。電源が切れたらoptionキーを押しておくべし。optionキーを押すことでOS選択に移る。
EFI(?)と書かれたものを選ぶ。
パーティションは4のBootCampと書いているものを選ぶ。その際、上で設定した数値に近いかを確認する。そのままでは怒られるので、フォーマットする。すると次に進めるはず。
・その後は画面に従っていけば大丈夫なはず。
・インストール完了後、BootCampサポートソフトウェアのSetup.exeを開き、設定する。ここで、モデルと対応していないと怒られるので、その際は再起動してMacに戻り、正しいものを入れる。(BootCampアシスタントからやれば大丈夫なはずだけども)

その他設定は別な機会に。