ぱらすの備忘録

個人的な備忘録なので間違った解釈があれば教えて下さい

Wantedlyインターンシップに参加した話

こんにちは。早速月1更新という目標が失敗に終わったぱらすです。

さて、タイトル通りWantedly Spring Internship 2016に参加してきました。
site.wantedly.com


3/2 - 3/4の3日間のインターンでしたが、正直かなり不安でした。
インターン、一度も参加したことなかったのです。

朝起きるという第一関門を無事クリアし、Wantedlyまで時間内に到着する第二関門はわざわざ遠回りする電車の乗り方をしたものの余裕を持って出発したおかげでなんとかクリア。
そして苦労の末たどり着いたWantedly...

インターンは心配をよそにとても楽しいものでした。
割と固い感じのをイメージしてたのですが、話は面白く、作業内容も大変だったけど面白かったです。

ちなみにスケジュールは以下の感じでした(簡略してます)。

  • 1日目
    • 仲社長の講義
    • プロトタイピング実践
  • 2日目
  • 3日目
    • React 実践

1日目の「0->1のプロダクトづくり」、本当に難しかったです。私のチームはアイディア出しから非常に手こずっていて、中間発表直前まで2つのアイディアを絞れずに話し合ってました。ちゃんと話し合いの末どちらかに決めましたが、考えれば考えるほど最終段階まで持っていくことができませんでした。
「シゴトでココロオドル」を企画にするのが本当に大変なんだと実感しました。

2, 3日目のコーディング実践は初日のプロダクト作りより私は得意(?)な感じでした。Web系のコーディングは基礎知識しかありませんでしたが、チームメイトのおかげで割とすんなり進みました。React.JSに入るとすんなりとはいきませんでしたが…。
React実践ではWantedlyのページを実装するという課題のもと、試行錯誤のReact.jsタイムでした。もちろん事前講義はありましたよ。
チームメイトの進みが早くて ひええええ って心の中で叫びながら実装してました。「ギリギリまで粘らせて」ってチームメイトを待たせながら本当にギリギリに実装できたのはいい思い出。
ちなみに最優秀いただきました!チームメイトに感謝です。
結果発表時に知りましたが、私のチームはJavaチームだったようです。

2日目の社員さんとの交流や懇親会も含め、いろいろなお話を聞くことができました。Javaエンジニアの方やSwiftエンジニア(?)の方など、大学ではあまり聞かない楽しい話を聞けて満足です。

さて、この3日間は本当に楽しかったです。このインターンでお世話になった皆様と、一緒に参加したインターン生のみなさんにとても感謝してます。

ちなみに3日間すべて帰り道に迷うという方向音痴をかましました。ついでに東京を離れる日、電車に帰りの新幹線の切符入りのかばんを置き忘れかける(降りて気づいて同じ電車に再乗車)こともしました。東京怖い…。